一般的なお葬式の流れ

一般的な仏式葬儀の流れを大まかにご紹介します。
万が一の際、この流れを頭に入れておけば、担当者のご説明もご理解しやすくなると思います。
この流れに関わらず、ご要望があれば担当者にお気軽にお伝えください。
形式やご希望にそった流れをご提案いたします。

ご逝去 ご遺体の搬送
ご自宅にて亡くなられた場合は、主治医にご連絡し、死亡診断書を出していただきます。その後、私たちのご連絡を頂き、葬送方法の打合せを致します。病院の霊安室では、 慌てなくても大丈夫です。 24時間いつでも、寝台車でお迎えにあがりますのでご安心下さい。 病院から強引に葬儀社を紹介されることがありますが、必ずその葬儀社に依頼しなければならないということはありませんので、ご安心下さい。
ご遺体の安置
 ご指定のご安置場所に搬送し安置後、枕元にお線香などを供えることができるよう、枕飾りを設けます。
お葬式の日程や会場、どんなお葬式にするかなどは、故人様をの安置後に打ち合わせをすることになります。
故人にとって、ご遺族にとって、どんなお葬式が良いかを相談しながら決めていきます。
事情によりご自宅にご遺体を安置することができない場合、弊社にて安置場所を確保いたしますのでご安心ください。
納棺
納棺は大切な儀式ですので、お身内の方はできるだけご同席ください。
ご自宅や安置場所に搬送後、すぐに納棺することも多いようです。
最近は故人の気に入っていた服などを着せることもあります。
棺には、故人の愛用品などを一緒に納めることもあります。
(火葬できないものもありますので、ご注意下さい)
お通夜
仏式の場合、導師にお経を読んでいただき、その後、ご遺族、ご親戚、参列者の順で焼香をします。
お通夜の時間は、参列者の人数にもよりますが、だいたい1時間程度です。
受付や参列者の接待など、どのようにしたら良いかは、事前にアドバイスさせていただきますのでご安心ください。
お式の途中などで、分からない点、不安な点などありましたら、遠慮無くスタッフにお声がけください。
葬儀・告別式 出棺
仏式の場合、導師にお経を読んでいただき、その後、ご遺族、ご親戚、参列者の順で焼香をします。(段取りは、お通夜とほとんど同じです) 最近の多くは初七日繰上げて行うケースも増えています。
葬儀の時間は、参列者の人数にもよりますが、だいたい1時間程度です。
葬儀が終わりましたら、柩を霊柩車に運び、出棺します。
ご遺族ご親戚は、柩を載せた霊柩車といっしょにハイヤーやマイクロバスに分乗して火葬場に移動します。
火葬
火葬時間は、施設によって異なりますが1時間~1時間半程度で終わります。
初七日まで終えられている場合は、火葬中に休憩室にて精進落としの食事をする事もあります。
精進落とし 繰り上げ初七日
精進落としは、ご親族や親しい知人と一緒にする食事のことです。お世話になった人へのお礼の意味もありますので、来ていただきたい方には、 早めにお声がけしておいたほうが良いでしょう。
葬儀・告別式の日に初七日を繰り上げて行う場合もあります(繰り上げ初七日目)。

PAGE TOP