様々な葬儀の種類

現在、葬儀の種類も多様化し、様々な形態の葬儀が執り行われています。
そのため、自分が希望する葬儀を生前予約する方は増えてきています。
こちらでは、様々な葬儀の種類をご紹介いたします。

一般葬とは

昔から執り行われている葬儀を一般葬といいます。生前に付き合いが多い故人ほど参列者が多いので、葬儀の規模はそれぞれ異なりますが、親戚はもちろん、友人や知人などお世話になった多くの方々が参列し、故人を見送る葬儀です。

火葬式とは

火葬式は、葬儀を執り行わずに家族や親戚、親しい友人などの限られた方々だけで火葬場にてお別れをします。
火葬式は葬儀を執り行う費用のない方や、身寄りのない方がよく利用する方法です。
このような理由以外にも、故人自身が葬儀を執り行わずに、質素に見送って欲しいと生前予約する方もいらっしゃいます。

市民葬とは

市民葬とは、自治体が葬儀業者と契約をすることで、故人や喪主がその自治体に住んでいる場合、安い費用で執り行うことができる葬儀のことをいいます。所得などの制限はなく、どなたでも利用することができますが、全ての自治体が行っているわけではないので、事前にお住まいの自治体に確認する必要があります。

生前葬

死後ではなく、生きている間に葬儀を行うのが生前葬です。葬儀に強いこだわりのある方や、お世話になった方々に直接お礼を言いたいという方に向いています。自分の葬儀の様子を見ることができるので、自分の理想の葬儀を行うことが可能なため、最近では生前葬を行う方も増えています。特殊な葬儀ですので、周囲の理解と協力が必要です。その他にも、家族葬や自由葬、音楽葬、社葬など、葬儀の種類は数多くあります。どの葬儀を選ぶにしても家族で話し合って決めることが大切です。

株式会社ホコラは、千葉県や東京で家族葬や社葬など様々な葬儀のお手伝いを行っております。
丁寧・安心をモットーに365日24時間、お問い合わせに対応いたします。おすすめのプランもご用意しておりますので、見積もりのご依頼や葬儀のことに関してご相談がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP