社葬に参列する際のマナー

葬儀には様々な形式があり、その中には社葬という会社が主催する葬儀もあります。
会社勤めの方は、参列する機会が多くあるのではないでしょうか。
社葬の場合にも色々なマナーに気をつける必要があります。
こちらでは、社葬に参列する際のマナーをご紹介いたします。

名刺交換はNG

社葬に参列した際、仕事の取引先など普段から頻繁に顔を合わせている方が参列していることも多くあります。
たとえ会ったことのない方がいらっしゃっても、そこでの名刺交換や仕事の話はマナー違反になるので避けるようにしましょう。社葬は企業にとっても大切な場であることは間違いありませんが、葬儀であることを絶対に忘れてはいけません。

服装

社葬での服装は、個人葬の時と基本的に変わりません。社葬を主催している会社側の方は、モーニングスーツを着用しますが、会社側以外の方の場合は着てないことが最近では多いです。そのため、参列する場合はブラックスーツのような略式装でも問題はありません。しかし参列する際は、念のため事前に確認することをおすすめいたします。

供花や供物

社葬で供花や供物を贈る場合は、早めに手配をして葬儀の前日までに届くようにしておくことが大切です。
手配をする際は、会社名や代表者の名前に間違いがないように十分注意しましょう。口頭だけでは漢字の間違いは発生することもあるので、FAXやメールなどで文字のミスがないように文面で伝えることも忘れずに行うようにしましょう。
また故人が信仰していた宗派によっては、供花の種類や色に決まっていることもあるので、供花を贈る際は、その旨を相手側に伝えておくと安心です。

株式会社ホコラは、東京や千葉などで葬儀のお手伝いをさせて頂いております。
お客様の思いに合わせて8つのおすすめプランをご用意しております。24時間対応しておりますので、急な用件の際でも安心です。見積もりのご相談などをはじめ、様々な要望にも丁寧に対応いたします。葬儀のことならお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP