家族葬の基礎知識

家族葬とは

家族葬とは、家族や親族、友人といった近しい関係者のみで執り行う葬儀のことです。家族葬を「密葬」と混同されがちですが、家族葬は密葬とは異なります。密葬は近親者や親しい方のみで葬儀が執り行われ、後日、一般の参列者を招き「本葬」を執り行います。一方の家族葬は密葬のように火葬をして葬儀を行いますが、日を改めて本葬を執り行うことはありません。それが家族葬なのです。また家族葬の規模は人によって解釈が異なり、家族のみ集まって執り行う場合もあれば、家族や親戚に加えて、友人・知人を含めた30~40人前後が集まる場合もあります。

家族葬の利点

現在、東京や千葉県などの都市部を中心に、家族葬を執り行うご家庭が増えています。

その最も大きな理由が、故人とゆっくりお別れができるからです。家族葬の参列者というのは、家族を中心とした近親者のみになります。そのため、一般の葬儀とは違い、多くの会葬者に対応する必要がありません。そのため、故人を偲ぶ時間をゆっくり持つことができるのです。また、豪華な祭壇、会葬者への食事、香典返しなどの負担が少ないため、費用を抑えて葬儀を行うことができます。

このような利点があるため、家族葬を執り行うご家庭が増えているのです。近年では故人の希望で、家族葬にするという場合も珍しくありません。「身内のみで故人を静かに見送りたい」「故人が静かなお葬式を望んでいた」「あまり費用がかけられない」といった場合には家族葬がおすすめです。

以上が、家族葬の基礎知識となります。
千葉県船橋市にある株式会社ホコラでは、安心・丁寧を心がけて家族葬や一般葬、社葬といった葬儀のお手伝いをいたします。葬儀のご案内・お見積もりのお問い合わせを365日24時間体制で承っております。どんなことでもお気軽にご質問・ご相談ください。千葉県や東京で葬儀に関することでお困りの際は、株式会社ホコラにご用命ください

PAGE TOP