社葬の目的

社葬は、故人の死を弔い、悼むことが目的であり、一般的な個人葬とは目的が異なります。
下記にて、その社葬の目的をご紹介します。

故人の功績を称える

社葬を執り行う目的の一つは、故人の功績を称えることです。特に、会社の発展に大きく貢献した場合、会社をあげて葬儀を執り行い故人を称えるというのが社葬の大きな目的となっています。

一般的に会社の創業者や社長、会長などが亡くなった場合に社葬が執り行われるのは、その貢献度の高さからと言えます。

故人を通してお礼の気持ちを伝える

また社葬を執り行うのは、故人を通して会社がこれまでお世話になった社外の関係者に、お礼の気持ちを伝えるという目的もあります。そのため社葬では社内の人間だけでなく、取引先企業の関係者や顧客などが多く参列します。故人を通してお礼の気持ちを伝えられる社葬を行うことが求められます。

自分が会社の代表として参列する際には、会社の代表という自覚を持ち、マナーに十分気をつけることが大切です。

社外へのアピール

そして、社葬を執り行うのは、社外へのアピールという目的も含まれています。

社葬には、故人が亡くなった後でも会社の今後の体制は磐石であることを知らしめたり、故人が亡くなった後も引き続き支援を求めたりするなどの役割も担っているのです。

したがって、社葬を企業の創立記念行事や式典などと同様に、重要な場であると考えている会社も少なくありません。社外へのアピールという目的は、一般的な個人葬と社葬の大きな違いと言えます。

東京や千葉県で葬儀を執り行う株式会社ホコラでは、社葬のお手伝いもいたしております。株式会社ホコラでは、安心・丁寧を心がけ、会社様のご希望・ご要望に沿った社葬プランをご提案いたします。お見積もりに関するご質問・ご相談も、365日24時間体制で承っております。特に、初めて社葬を行う会社様にはおすすめですので、社葬のことなら株式会社ホコラにご用命ください。

PAGE TOP